カップル・ライド

03月18日(日)
ぽかぽかようきのにちようび。
神山を走ってきた。
またしても嫁様と。
まずは梅でも拝んでくるかね、と。
agawaume.jpg
阿川地区の梅は見頃だった。
梅まつりも今日がフィナーレだったんじゃなかろうか。
桜ほどではないにしても、まずまずの人で賑わっていた。

途中コンビニでブラックサンダー休憩。
嫁様はおトイレへ。
神山のエルドラド認定1号店ショップかたやまはお休みだった。

とある「エサ」で嫁様を説得し、何とか江田地区まで。
edakiiro.jpg
お目当ての菜の花はご覧の有様。
下界ではすっかり満開なのにねえ。
ここの菜の花はとってもキレイなので、拝めなくて残念だったなあ。

「エサ」のカフェへ。
小径車のレンタルをやってるおサレなお店。
bronpron.jpg
しかし、カフェのナニがいいのか全く理解できませんな〜。
男子たるもの、ライド中の外食はうどん(大盛)or牛丼(大盛)orラーメン(大盛)っしょ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

カフェった後は大人しく帰路へ。
約70kmのライドだった。
嫁様のキャリアハイ更新。
おめでとう。
そういや今日はカップル・ライダーを3組も見たな。
けっこういるもんやね。

部屋で嫁様は精気ゼロの顔で寝ております。
「脚が棒のようだ...はあ...ふう」
今度は100km走らそうっと〜♪




コケてました

03月11日(日)

ぽかぽか陽気のにちようび。
嫁様とちょびっと走ってきた。
一緒に地蔵越(標高144m)へ。
嫁様の峠デビュー。
見事足をつかずに登った。
たいしたもんですわ。
その調子で眉山はどうか?と誘ったら、丁重にお断りされたw

地蔵を下って平地をポタリング。
緩い下りのU字カーブを曲がり中、がっしゃ~~んと落車。
嫁様の落車デビュー。
幸い嫁様も自転車も無事だった。

気分転換・自転車点検でダンシング・ドールさんへ。
キャフェ
とても濃いアイスコーヒーとマフィンで一息。
どっちも美味いっ。
今度はカレーを食べてみようっと。
落車後の自転車もきっっちり丁寧にメンテした頂きました。
安心して帰ることができた。
Wさん、いつもあざ~す!!


9ちゃん

03月04日(日)
3月。
ぽかぽか陽気MAXのにちようび。
umee.jpg
梅の花が咲いてきた。
市内の平地はほぼ満開。
「梅の里」でお馴染み神山町の阿川地区はまださっぱりだった。
やはり山と市内は違うのかね。
単に品種が違うのか。
よくわからん。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【9ちゃん】
自転車仲間の9ちゃん。
4月から神戸に栄転となってしまった...。
ショップ様主催の第一回TMT(徳島〜松山〜徳島)で懇意になった。
飲み会では2人で落車王を争ったぜ〜www
室戸合宿夜のジェンガ対決では名言炸裂で全員が抱腹絶倒!!
翌日のライドでは馬路村の標識の誤字を見つけたり。
おまけに超絶歌うまでギター片手にライブやったりね〜。
でも一番の思い出は、何と言っても新潟ライド。
往路では福井市内で、復路では鮎喰橋でスーパー元気を頂いた。
(福井市内のコンビニで奢ってもらったアイスの味...忘れられない...)

〜9ちゃんへ〜
転勤で徳島にお越しになって7年でしたっけ?
iikotokaiteru.jpg
徳島にいっぱい残してくれましたな。
もうずっっと居るものだと思ってました。
お世話になりました。
ほんまに、
あざーーーーしたっ!!!
神戸でも残しまくってください。
そして...もっとブログ更新してくれw

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

03月10日の19:30より。
ショップ様にて送別会が開催されます。
これは禁酒中でも行くしかありませんな。

最後に、上の画像は川島のお遍路休憩所にあった貼り紙でっす。





コウノトリ

02月25日(日) 
【トキ】
新潟ライドの時に佐渡島でトキを観察する予定だったんだけどなあ。
時間切れで断念してもうたけど。
環境省によるレッドリストによると、トキの分類はEW。
野生ではすでに絶滅したと考えられる種だそう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【コウノトリ】
徳島県の鳴門市に数年前からコウノトリが棲み着いている。
150km離れた兵庫県豊岡市から飛来し、巣作り・産卵・孵化・ひな誕生までしたらしい。
環境省のレッドリストによると、コウノトリの分類は絶滅危惧種IA類(CR)に属し、ごく近い将来に野生における絶滅の危険性が極めて高い種なんだって。

「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」
よく耳にするけど、この話の元はドイツの逸話なのだ。
ドイツ版ではコウノトリではなくシュバシコウが赤ちゃんを運んできたと。
シュバシコウとコウノトリは同じコウノトリ科で見た目もそっくりなことから、この話が日本に伝わる際コウノトリに置き換えらたってわけやね。

そんな貴重で縁起の良いコウノトリ様を拝んできた。
コウノトリ
やあ調子はどうだい?
と話しかけてみた。
コウノトリ2
絶コウ鳥やーーー!!!
と、コウノトリ田んぼギャラリーのハリボテは言うてましたw

上のはハリボテだけど、400m離れた電柱の上の巣を双眼鏡で確認したところ、ちゃんと本物が2羽居ました!!
ちょっと感動したぜ~。
この近所に住む友人によると、せっかく見に行っても居ないこともあるし、反対に運が良ければ活動中のコウノトリを間近で見れることもあるんだって。
あと、巣がある鳴門市大麻町は夕方のサイレンを鳴らすのをコウノトリのために止めたのだとか。
いいことですな。
この地でどんどん繁殖してくれることを願うばかりです。

最後に、観察の際はきちんとルールを守りましょうね~ん。



震える走り

02月24日(土)

ぽかぽか陽気のどようび。
ちょっと走ってきた。
久しぶりに池田へ。
IMG_6896.jpg
この橋を渡るのは2回目。

仕事が遅くて平日全く走れない。
池田までは片道約70km。
ツキセンをクリアしている頃、月末になれば平日の夜でもよく走ったコースだ。
泣きながらw
しかし今はこの距離でもヘロヘロだ。
最近よく嫁さんに「脚が細くなった?」と言われる。
長いの走るのに必要な馬力が消えてしまったのかも。
何かと休憩ばっかりしている。

グレーチングで下が丸見えの橋。
おまけに風で左右に揺れる。
高所恐怖症の火野さんはまず渡れないだろうなあ。
IMG_6902.jpg
今日の一句
「iPhoneを 持つ手が震う 橋の上」
「陽気でも 脚が震える 池田まで」

もう寝るずら。







=おいでやす=☆
管理人より一言
交通ルールとマナーを守り、周りと自分に気持ちいい走りをします。

yag

Author:yag
四国は徳島県在住。
愛車はTREK2.1とSuperfly ALの亀脚ローディ。
ロードとMTBと共にどこまでも。
より高く、より遠くへ。
まだ見ぬ路へ。

カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村